離婚相談

-

公正証書

-

公正証書の相談

-
公正証書と離婚協議書

離婚相談
離婚の相談
離婚の基礎知識

離婚の進め方

離婚と子供の親権

離婚と子供の養育費

離婚と生活
離婚や浮気の慰謝料

離婚の慰謝料の相場

事実婚の慰謝料

離婚の書式サンプル
無料相談と有料相談

会社案内・MAP

離婚相談コレクトに離婚や浮気の慰謝料請求などお気軽にご相談ください。


公正証書-離婚相談ナビ

公正証書のまめ知識
離婚の際には、さまざまな取決めがされるのが通常です。財産をいかに分与するか、子供の養育費はどうするか、慰謝料はいくらか・・・など、ただ、そこで別れれば終わりというわけではありません。そこで、取り決めた内容を、正式に書面にしておくことが肝要となるのです。

特に、子供が小さいうちの離婚であれば、養育費が十年以上にわたって支払い続けられなければなりません。しかし、単なる口約束であれば、ほとんどのケースで、途中から養育費は支払われなくなります。

逆に、養育費を支払う側にしてみても、ご時世を反映して、後から養育費の増額請求をされるというケースは多々あります。双方のために、権利義務関係を明確にしておくのがよいのです。

また、親権者でない側にとって、子供との面会権は重要なものですが、実際に、親権者側が面会を妨害し、新たなトラブルに発展するという実例は頻繁にあります。

以上のような事情から、離婚に際しては、できる限り詳細に、権利義務関係を明確にしておくべきなのです。一般的には、「離婚協議書」と呼ばれる書面を作成します。これは、離婚する当事者による合意書です。

ただし、一歩進めて、公正証書を作成することもあります。公正証書とは、公証役場の公証人が作成する、各種の公的な効力をもっている文書です。公正証書の特徴としては、以下のものがあります。

  証明力が高い

法律家としてベテランである公証人が、正式に作成する文書なので、信頼性が高度に認められています。そのため、いざ訴訟などになった場合には、決定的な証拠となります。

特に、年金分割の手続きに当たっては、それを内容とする公正証書の謄本があれば、離婚した元妻は、一人で、社会保険事務所で手続きを済ますことができます。

  保管されている

公正証書は、原本が公証役場に保管されています。そのため、万が一、災害や盗難などによって手元で謄本を紛失しても、再生することは可能です。

  訴訟抜きで強制執行ができる

金銭または代替物の給付を目的とする約束については、「執行認諾約款」を付けることで、もし約束が守られなかった場合には、訴訟を経ることなく、すぐに強制執行をすることが可能となります。

離婚協議書だけの場合には、養育費が支払われない、慰謝料が支払われないといったときは、まず訴訟を提起して勝訴判決をもらってから強制執行するのが段取りです。しかし、執行認諾約款付きの公正証書があれば、このような面倒な手続き抜きで、強制執行ができるわけです。

  心理的圧力が高い

以上のような機能を有することから、公正証書上の債務者は、その約束を守ることを真剣に考えます。実際に強制執行に至るかどうかは別として、住まいや給料を差し押さえられたりしたらかなわないので、できる限り、義務を果たそうと努力します。

公正証書の作成は、当事者双方の同意が必要ですが、作成に同意するか否かで、相手方の真摯さを推し量ることもできるわけです。私は、特に母子家庭になってゆく方には、この公正証書の作成を勧めています。これからの社会情勢を考えると、離婚にあたっては握れるものはできるだけ握っておくべきでしょう。

離婚に関する豆知識 - TOP



東京の探偵
離婚と内容証明
浮気調査
離婚と公正証書
探偵ツイッター
探偵フェイスブック

離婚相談ナビは離婚や公正証書の豆知識をご紹介いたします。夫や妻の浮気や不倫で離婚をお考えの方は離婚相談ナビにご相談ください。

離婚相談 - TOP  |  離婚相談リンク  |  離婚相談リンク2  |  離婚相談リンク3  |  離婚相談サイトマップ

探偵埼玉、千葉 探偵